対空標識の自動認識は丸型のGCPのみに対応していますか?

丸型のGCPを用いることを強くおすすめします。✕型や他の物体をGCPと見なす場合、ほとんどの場合画像認識されません。

 
GCP補正のプロセスは以下の通りです

①3つのGCPを手動でマークする

②座標値表による位置推測と、画像認識で、他のGCP位置全てが予測される。

③予測された位置を手動で微調整し、正しい位置にポイントを合わせる

④全てのGCPが映された写真の一覧から、もう一度微調整し、補正に用いる写真を決定する

 
丸型以外のGCPを用いると、②で大体の位置を推測してくれますが、画像認識が正しく行われないため、④でGCPが映っていない写真が選択されます。

その結果、他のGCPが認識されず、点群の精度がかなり落ちます。

人気ランキング

  • 週間
  • 月間